• 雰囲気に飲まれない。

    消費者金融にお金を借りにいく、あるいは契約をしにいく為には契約コーナーにいかなきゃいけない。勿論郵送を使った審査もあるが、契約コーナーで手続きをするよりも時間がかかってしまう。少しでも早くお金を手元にと言う点では契約コーナーのほうがよい。しかしそういう所に入るには勇気がいる。道路沿いにあるところだと人に見られたらどう思われるか不安もあるだろう。そういう時はビルの中にある契約コーナーに行くのが良いと思う。パット見消費者金融に行くようには見えないので感じるかも知れない後ろめたさの度合いが少なくなる。そして契約コーナーの中にはいる。密室の中で目の前には機械がある。静かな部屋の中にいると雰囲気に飲まれてしまう。何か息苦しさを感じるかも知れない。部屋の中に入ると機械から人の声がする。遠隔での手続き。ただでさえ緊張しているのが更に緊張感が増すだろう。そういう時はその声の主、社員さんに色々と質問をしよう。

    12

    さすがに砕けたプライベートな話は出来ないので、質問がありますか。と聞かれる度に質問をしてみよう。社員のかたは必ず答えてくれる。そして緊張を解すように話をしてきてくれるのでこちら側も段々リラックスしていく。やはり話をすることはどんな場面でも重要な事。後は手続きを一つ一つ説明をしてくれるのでそれに従い手続きをしていくと契約が完了する。後は借りた金額に対して無理の無い返済。要は毎月遅延なく返す事をやればトラブルには絶対ならないので大丈夫。消費者金融は決して恐い所ではないから安心して利用したら良いのではないか